日本脊椎脊髄ドック協会

協会概要

設立の目的

当協会は、脊椎脊髄疾患の予防と治療に対する国民の意識の向上を図り、国民の健康を守っていくことを目的に、脊椎脊髄精査のための検査並びに診断のガイドラインを策定して、その普及を推進して参ります。

そのガイドラインに沿って、脊椎脊髄領域の専門医師がより正確な診断を行っていくことが、疾患予防の推進やより適切な治療法の選択につながっていくものと考えております。

予防に関しては、症状がほとんど無い場合や軽い症状であっても脊椎疾患またはその前兆となる状態が存在している場合があり、脊椎ドックを通して、それらを知ることにより、日常生活の中で様々な対処を施すことができ、悪化や発症の予防につながるものと考えます。

治療に関しては、保存療法、リハビリテーション、外科的治療まで様々な方法が存在しており、その中で脊椎脊髄領域の専門医師の適切な判断が患者を正しい治療の方向に導いていくものと考えます。

当協会は、上記の実現をサポートしていく役割を担いたいと考えます。

役員紹介(日本脊椎脊髄ドック協会 理事)

協会長 吉田宗人
和歌山県立医科大学 名誉教授
角谷整形外科病院 院長
副協会長 出沢 明
帝京大学 名誉教授
医療法人 明根会 出沢明PEDクリニック 院長

高安正和
愛知医科大学 脳神経外科 教授
理事 伊東 学
国立病院機構 北海道医療センター 整形外科
統括診療部長 脊椎脊髄病センター長

西良 浩一
徳島大学 医学部 整形外科 教授

坂根 正孝
筑波学園病院 リハビリテーション科 部長

清水 克時
岐阜大学 名誉教授
岐阜市民病院 整形外科・脊椎センター長

平泉 裕
昭和大学 医学部 整形外科学講座 客員教授

夏山 元伸
島脳神経外科整形外科医院 副院長

庄田 基
藤田保健衛生大学 名誉教授
八千代病院 脊椎・脊髄疾患センター センター長

中村 博亮
大阪市立大学大学院 整形外科 教授

松山 幸弘
浜松医科大学 副学長 整形外科学教授兼務

山縣 正庸
千葉大学 医学部 整形外科 臨床教授

原 政人
稲沢市民病院 副院長

飛騨 一利
北海道大学 名誉教授
医療法人 札幌麻生脳神経外科病院 院長

本郷 一博
信州大学 医学部医学科 脳神経外科講座 教授

笠井 裕一
三重大学大学院 医学系脊椎外科・医用工学講座 教授

八木 省次
田岡病院 脊椎内視鏡センター長
事務総長 伊藤不二夫
医療法人 全医会 理事長
監事 国分正一
東北大学 名誉教授
国立病院機構 西多賀病院 脊椎脊髄疾患研究センター長

中川 洋
愛知医科大学 名誉教授
釧路孝仁会記念病院 脊椎脊髄センター長

(理事は50音順)

本部・事務局

  • <本部>
    和歌山県立医科大学 整形外科学教室
    〒641-0012 和歌山市紀三井寺811-1
  • <事務局>
    あいちせぼね病院
    〒484-0066 愛知県犬山市五郎丸上池31-1

日本脊椎脊髄ドック協会 会則

↑ PAGE TOP